GMの女性副社長、9月末で退職へ…女性幹部の草分け

自動車 ビジネス

GMのスーザン・ドカティ副社長
  • GMのスーザン・ドカティ副社長
  • GM本社
ここ数年、女性を積極的に重要ポストに起用してきた米国の自動車最大手、GM。同社での女性躍進のきっかけとなった女性副社長が、GMを退職することが分かった。

これは6月21日、GMが明らかにしたもの。欧州のシボレーとキャデラックを担当するスーザン・ドカティ副社長が、9月末をもって、GMを退職すると告げられている。

スーザン・ドカティ副社長は現在、51歳。2009年、当時のGMのウィッテーカー会長に手腕を評価され、営業&マーケティング担当の責任者に昇格した。

スーザン・ドカティ副社長は、「GMで働いたこの30年間、世界市場の動向は目まぐるしく変わった。ここで休みを取り、家族との時間を過ごしたい。GMの成功が続くことを望む」とコメント。

GMのトム・リー副社長は、「彼女は27年以上、GMに勤務。多くの営業とマーケティング活動をサポートしてきた」と述べ、その功績を讃えている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集