O3bネットワークス、次世代ネットワークを担う衛星群の打ち上げへ

宇宙 企業動向

O3bの衛星群とロケット
  • O3bの衛星群とロケット
  • O3bネットワークスwebサイト
  • ソユーズロケットと宇宙船
  • ギアナ宇宙センター
フランス領ギアナ時間6月24日午後3時53分51秒(日本時間6月25日午前3時53分51秒)、O3bネットワークス(O3b)の衛星群が搭載された「ソユーズ」ロケットがギアナ宇宙センターより発射される。

O3bは、イギリス・チャンネル諸島に本社を置く、次世代通信事業者。今回打ち上げられる衛星群は、通常の衛星の低軌道と異なり、高度8,062kmの中軌道に投入される。2014年度までに衛星12機を軌道に投入することで、より少ない衛星で地球をカバーし、新興市場の顧客に高速かつ安価な通信能力の提供を目指している。

ソユーズは6月21日現在、打ち上げ準備を終え、最終点検の最中。ロケットの先端部分はO3bの衛星4機、ペイロードフェアリング、フレガートから構成される。なお、ソユーズがギアナ宇宙センターから打ち上げられるのは今回で5回目。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品