故意の幅寄せで自転車の転倒誘発、41歳の男を危険運転容疑で逮捕

自動車 社会 社会

今年5月、東京都文京区内の都道を乗用車で走行中、自転車に幅寄せを行って転倒を誘発し、乗っていた20歳の男性を負傷させたとして、警視庁は17日、41歳の男を危険運転致傷や道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕した。

警視庁・富坂署によると、問題の事故は2013年5月23日の午前8時35分ごろ発生している。文京区白山付近の都道(片側3車線の直線区間)で、第1車線の路肩を走行していた自転車に対し、後方から接近してきた乗用車が幅寄せ。そのまま接触した。

接触の弾みで自転車は転倒し、乗っていた20歳の男性が打撲などの軽傷を負ったが、クルマは逃走。警察では軽傷ひき逃げ事件として捜査を開始したが、埼玉県北本市内に在住する41歳の男が関わったものと判断。任意で事情を聞いていたが、供述内容から故意による幅寄せがあったものと判断し、危険運転致傷やひき逃げ容疑で逮捕している。

聴取に対して男は「急ハンドルを切って自転車の走行を妨害したかもしれないが、当たっていない」などと、ひき逃げについては否認しているようだ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集