マレーシア、ジョホール州大気汚染レベルが危険水準に…野焼きの煙「ヘイズ」が要因

エマージング・マーケット 東南アジア

マレーシア半島南部のマラッカ、ジョホール州においてヘイズが悪化している。

環境局(DOE)の発表によると6月20日午前11時の時点で大気汚染指数(API)が、ジョホール州ムアルで「危険」レベルである383に達した。300を超えるのは極めて稀だ。

APIは、0-50が「良好」、51-100は「中程度」、101-200は「不健康」、201-300は「極めて不健康」、300以上の数値は「危険」レベルとなっている。

ヘイズはスマトラ島でおける野焼きで出る煙が原因で、降雨が少なく乾燥した気候が続いていることも影響している。ムアルでは20日、約200校の小中学校に臨時休校の措置がとられた。

20日午前11時の時点で「極めて不健康」となったのは、ジョホール州コタティンギでAPIは232に達した。「不健康」に達したのは、ジョホール州パシル・グダン(199)、同州ラキン・ラマ(181)、マラッカ州バンダラヤ・メラカ(137)、同州ブキ・ランバイ(119)。

環境局(DOE)は18日、セランゴール州、マラッカ州、ジョホール州での野焼きを禁止すると発表した。環境基準法により最大で50万リンギの罰金もしくは5年以内の禁固刑、もしくは両方が罰則として定められている。宗教の儀式やバーベキュー、ガスのフレアリングは違反の対象にはならない。
広瀬やよい

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品