クアラルンプール新国際空港、LCCターミナルを14年5月2日にオープン

エマージング・マーケット 東南アジア

セランゴール州セパンのクアラルンプール新国際空港(KLIA)格安航空会社専用ターミナル(KLIA2)の開業が工事の遅れのために延期されていたが、空港運営のマレーシア・エアポーツ・ホールディングス(MAHB)は、来年5月2日にオープンすると発表した。

MAHBが発表した声明によると、建設業者のUEMコンストラクションとビナ・プリの合弁企業から来年4月30日までに完成を予定しているとの報告があったことから、5月2日のオープンを決定した。MAHBは空港の安全と質を確保しながら、工事の進捗具合を管理していく方針だ。

MAHBは17日、工事が遅延したため開業日が遅れたことからUEMコンストラクションとビナ・プリの合弁企業に対し、1日当り19万9,445.40リンギの遅延確定損害金(LAD)を課すことを発表。完成予定日が6月15日であったため、16日からが賠償の対象となる。

ビナ・プリのマシュー・ティー社長は18日、工事の遅延はMAHBによる追加工事によるものとコメント。プロジェクトが完成し引き渡す際にLADを支払うかを再検討することを明らかにした。

「KLIA2」は格安航空の需要の高まりを受け、現行の格安航空ターミナル(LCCT)に代わるものとして総工費40億リンギをかけて建設が始まった。年間取扱能力は4,500万人に達する見通しだ。元々の完成予定は2012年4月だったが、最近になって今年6月28日の開業予定に間に合わないことが明らかとなった。
広瀬やよい

編集部おすすめのニュース

特集