ボーイング、787-10ドリームライナーを本格始動

航空 企業動向

ボーイング787-10ドリームライナー
  • ボーイング787-10ドリームライナー
  • ボーイング787-10ドリームライナー
  • ボーイング787-10ドリームライナー
ボーイングは6月18日、2013年度パリ航空ショーにおいて、787系列3代目787-10ドリームライナーの本格始動を明らかにした。

787-10への委託はエアリース会社の30機、GEキャピタル航空サービスによる10機、インターナショナル・エアラインズ・グループ/ブリティッシュ・エアウェイズの株主の了解による12機、シンガポール航空の30機、ユナイテッド航空の20機を含む。

787-10のデザインはすでにボーイングで開始されている。787-10の最終組み立てとフライトテストは、2017年の開始が予定されており、最初の納入は2018に行われる予定。

「787-10によって、我々は増加する要求と新たな機会を提供できる」と同社民間航空機部門CEO、レイ・コナー氏はコメントした。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集