路肩走行中にひき逃げ、自転車の男性が重傷

自動車 社会 社会

15日午後8時25分ごろ、茨城県阿見町内の町道で、道路左側の路肩を走行していた自転車に対し、後ろから進行してきたクルマが追突する事故が起きた。自転車に乗っていた68歳の男性が重傷。クルマはそのまま逃走しており、警察はひき逃げ事件として捜査を開始している。

茨城県警・牛久署によると、現場は阿見町鈴木付近で片側1車線の緩やかなカーブ。68歳男性の乗る自転車は道路左側の路肩を走行していたとみられるが、後ろから進行してきたクルマにはねられた。

男性は頭部を強打する重傷を負ったが、クルマはそのまま逃走。警察では重傷ひき逃げ事件として捜査を開始している。

事故直後、現場近くに住む人がスピードを上げて走り去る黒っぽい色の乗用車を目撃しており、警察ではこのクルマが事故に関係していた可能性が高いとみて、現場に残されていた容疑車両の破片を分析。車種の特定を急ぐとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集