ニューシャトル、7月改正で10分間隔運転を拡大…200系塗装車もデビュー

鉄道 企業動向

ニューシャトルの1050系(1053号編成)。同型の1052号編成が200系新幹線車両を模した塗装に変更される。
  • ニューシャトルの1050系(1053号編成)。同型の1052号編成が200系新幹線車両を模した塗装に変更される。
  • 200系新幹線車両を模した塗装に変更される1050系(1052号編成)のイメージ。
伊奈線(ニューシャトル)を運営している埼玉新都市交通は、7月1日にダイヤ改正を実施する。10分間隔の運転時間帯を拡大するほか、かつての東北・上越新幹線と同じ塗装の車両が7月上旬から運転を開始する。

ニューシャトルは大宮~内宿間12.7kmを結ぶ新交通システム。東北・上越新幹線建設の見返りとして計画され、1983年に大宮~羽貫間、1990年に羽貫~内宿間が開業した。線路施設は東北・上越新幹線の高架橋と一体的に建設され、新幹線車両とニューシャトルの車両が並走する姿も見られる。

ニューシャトルは平日昼間の運転間隔が15分だが、ダイヤ改正で大宮発14時30分から15時30分までが10分間隔に変更される。これにより平日昼間の15分間隔運転は12時から14時30分までの時間帯だけとなる。土曜・休日の昼間は10分間隔運転への変更が既に完了している。

また、この春引退した東北・上越新幹線200系と同じアイボリーホワイトとグリーンの2色塗装を1050系6両編成1本(1052号編成)に施し、7月上旬にデビューさせる。このほか、大宮駅ホームと鉄道博物館駅上りホームで「銀河鉄道999」の列車接近メロディーをダイヤ改正初日から流す。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集