カーブで逸脱して路線バスと衝突、車両4台の多重事故で6人負傷

自動車 社会 社会

15日午前8時20分ごろ、山梨県上野原市内の県道を走行していた軽乗用車が路外に逸脱。対向車線を順走してきた路線バスや乗用車と衝突するなど、車両4台が関係する多重衝突に発展した。この事故で6人が軽傷を負っている。

山梨県警・上野原署によると、現場は上野原市新田付近で片側1車線の急なカーブ。軽乗用車は左カーブを進行中に対向車線側へ逸脱。対向車線を順走してきた路線バスと乗用車に衝突。乗用車が停車したところ、後続の別の乗用車が追突するなど、車両4台が関係する多重衝突に発展した。

この事故で軽乗用車に同乗していた男性と、2台の乗用車に乗っていた5人が打撲などの軽傷。バスは回送中で客は乗っておらず、運転手にもケガはなかった。警察では軽乗用車を運転していた23歳の女性から自動車運転過失傷害容疑で事情を聞いている。

現場は中央自動車道・上野原インターチェンジ近くのカーブが連続する区間。警察ではハンドル操作の誤りが事故につながったものとみて、発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集