バイクがガードレールに衝突、乗っていた男性2人が死亡

自動車 社会 社会

15日午前0時25分ごろ、鹿児島県指宿市内の国道226号を走行していた2人乗りバイクが対向車線側へ逸脱。そのまま道路右側のガードレールに衝突する事故が起きた。バイクは転倒し、16歳と17歳の男性が収容先の病院で死亡している。

鹿児島県警・指宿署によると、現場は指宿市十二町付近で片側1車線の緩やかなカーブ。バイクは左カーブを進行中に道路左側のガードレールに接触。弾みで対向車線側へ逸脱し、そのまま道路右側のガードレールに衝突した。

衝突の弾みでバイクは転倒。乗っていた16歳と17歳の男性は路上へ投げ出された際に全身を強打。近くの病院へ収容されたが、2人ともまもなく死亡している。

バイクは17歳男性の名義で、運転免許もこの男性のみが所持していた。警察では運転者の特定を急ぐとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品