【NASCARスプリントカップ 第15戦】ビッフルが残り3周で逆転勝利

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

NASCAR スプリントカップ第15戦、クイッケン・ローンズ400レースを制したのはグレッグ・ビッフル。終盤までトップを走っていたジミー・ジョンソンは、残り3ラップでタイヤを破損するトラブルに見舞われる不運だった。

彼の他にケビン・ハービック、マーティン・トゥルエクス・Jr、トニー・スチュアートがジョンソンのタフな損傷に乗じ、それぞれ2位から5位を占めることとなった。ジョンソンは結局28位でレースを終えた。

また、34のリードラップでレースをリードしたデール・アーンハート・Jrは、第131ラップでエンジンがブローする不運に見舞われてリタイアとなった。

「とても不満だがレースをリードしていることの方が、後方を走っていてあの問題を起こすよりはましだったね。僕はこの問題が何度も起きるとは心配していないよ」とアーンハートは気を取り直して語った。

ダニカ・パトリックはマーティンズビルにおいて12位でフィニッシュして以来、最高の13位でレースを終えた。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集