エアバスA350XWB、初飛行テストを無事完了

航空 企業動向

エアバスA350XWB
  • エアバスA350XWB
  • エアバスA350XWB
エアバスは6月14日、最新鋭中型機「A350XWB」の初飛行に成功したと発表した。

ロールスロイスのトレントXWBターボファンエンジンを搭載したA350XWBは、フランスのトゥールーズ・ブラニャックを現地時間午前10時に離陸、フランス南西部を初飛行した。

初飛行テストには、テストパイロット2人、テスト・フライト・エンジニア1人、飛行テスト・エンジニア3人の合計6人のクルーが乗り込んだ。

エアバスは、A350XWBの開発機5機を使って合計2500飛行時間をテストする計画で、この最初のテストとなった。A350-900の厳格なテストを実施し、欧州EASAと米国FAAの航空当局から認定を受ける。

A350XWBの商業運航は、2014年後半、カタール航空が初号機を運航する予定。

3機種で構成するA350XWBファミリーは、標準で3クラス制の270席から350席を装備する。A350XWBを導入することで同サイズの競合機と比べて燃費とCO2排気を25%削減することができる。これまでに航空会社など33社から613機の受注を獲得している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品