逸脱による正面衝突を発端に、車両4台が関係する多重事故に発展

自動車 社会 社会

6月10日午後2時15分ごろ、滋賀県大津市内の国道161号を走行していた乗用車が対向車線側へ逸脱。対向してきた大型トラックと正面衝突した弾みで元の車線に戻され、そこへ別の乗用車2台が追突するなど車両4台が関係する多重衝突に発展した。

滋賀県警・大津北署によると、現場は大津市北小松付近で片側1車線の直線区間。乗用車は斜行するようにして対向車線側へ逸脱。直後に対向車線を順走してきた大型トラックと正面衝突し、その弾みで自車線に押し戻されたところ、回避が間に合わなかった後続の乗用車2台も次々に追突。車両4台が関係する多重衝突に発展した。

逸脱した乗用車は複数回の衝突で大破。運転していた大阪府箕面市内に在住する25歳の女性が頭部強打で意識不明の重体。トラックは急ハンドルを切った弾みで標識柱に衝突して横転。運転していた兵庫県西宮市内に在住する39歳の男性が打撲などの軽傷。追突側の乗用車に乗っていた2人が気分不良を訴えて病院へ収容されている。

警察ではトラックの運転者などから事情を聞き、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集