JR貨物、コンテナ貨物1.6%増、車扱い8.5%増と好調…5月

鉄道 企業動向

コンテナは前年同月比で1.6%の増加。自動車部品などは前年を下回ったが、紙・パルプなどが前年を上回った。
  • コンテナは前年同月比で1.6%の増加。自動車部品などは前年を下回ったが、紙・パルプなどが前年を上回った。
  • 車扱いは石油を含め全ての品目で前年同月を上回った。
JR貨物が発表した5月の輸送動向によると、大きな輸送障害もなく安定した状況で推移した。海外景気の低迷を受け輸出を中心に生産の減少があるものの、一部荷主のモーダルシフトの進展により、月全体では前年を上回った。

コンテナ貨物は自動車部品や家電・情報機器などが前年を下回ったものの、積合せ貨物や紙・パルプ、エコ関連物資などが前年を上回り、全体では前年同月比1.6%増の159万3000トンとなった。

自動車部品は同9.8%減、家電・情報機器が同13.8%減と、それぞれ国内需要の減少により減送となった。積合せ貨物は、一部荷主の専用列車の運行開始などにより同15.7%増えた。紙・パルプは震災により被災した生産拠点の復旧、エコ関連物資は災害廃棄物の広域処理の進展によりそれぞれ増送となった。

車扱貨物は上旬の気温低下により増送となった石油を始め全ての品目で前年を上回り、全体では同8.5%増の62万2000トンとなった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集