4月の天然ゴム生産量、前月比で39%の大幅減に…マレーシア

エマージング・マーケット 東南アジア

統計局の発表(速報値)によると、マレーシアにおける2013年4月の天然ゴム生産量は4万2,881トンとなり、前年同月比で30.1%、前月比で39.0%のそれぞれ大幅減少となった。小規模農園が全生産量の93.6%を占めた。

輸出量は6万1,342トンとなり、前年同月比で6.7%、前月比で16.8%それぞれ減少した。輸出先は、▽中国▽ドイツ▽イラン▽韓国▽フィンランド▽米国▽ブラジル▽南アフリカ--の順で多かった。

一方、輸入量は5万5,602トンとなり、前年同月比では9.2%、前月比では24.6%のそれぞれ減少となった。輸入先はタイ、ベトナムの順で多かった。
国内消費量は前年同月比1.9%、前月比5.2%それぞれ減少となる3万5,349トンとなった。同在庫は前年同月比で20.8%の増加、前月比で19.3%の減少となる14万2,069トンだった。

4月末時点でのゴム産業の労働者数は1万2,891人で、前年同月比で3.4%、前月比で1.0%それぞれ増加した。

同月のゴムの平均取引価格(1キログラム当たり)は指標となる「SMR 20」が749.09センで、前年同月比で31.9%、前月比で12.6%のそれぞれ下降となった。
また農園1ヘクタール当たりの平均収量は64.8キログラムで、前年同月比で5.8%、前月比で29.0%それぞれ減少した。
広瀬やよい

編集部おすすめのニュース