ボーイング、向こう20年間に3万5000機の新しい航空機の需要を予測

航空 企業動向

2013‐2032商用航空市場の展望
  • 2013‐2032商用航空市場の展望
  • ボーイング737MAX
  • ボーイング747‐8
ボーイングは6月11日、向こう20年間における航空機の需要が、4兆8000億ドルに相当する3万5000機以上になるという予想を発表した。

同社はこの日パリで、毎年恒例の現在の市場展望(CMO)を公表し、次の20年間に世界の編隊の大きさが2倍を超えると予想しており、乗客の流通と貨物の流通の両方が、年間5パーセント成長すると見込んでいる。

「この予想は我々が生産率を増加させ、777Xや787-10Xといった新しい製品への投資をすることに自信を与える。航空会社はさらなる効率の良さを要求しており、それが正に我々が彼等に与えるものだ」とボーイングの商用航空機市場調査の副社長、ランディ・ティンセス氏は語った。

ボーイングの次世代737と未来の737MAXに代表されるシングル・アイル市場は、予想における主力であり、その強さを続けて見せている。格安航空会社とエマージング・マーケットからの航空会社の成長が原因で、2万4670機の新しい航空機がこの分野で必要とされる。

ボーイング747‐8や777、787ドリームライナーといったワイドボディーもまた予想の大きな部分を占め、航空会社が老朽化した編隊をさらに燃料効率の良い新しい航空機に入れ替えることで、8590機の新しい航空機が同分野で必要とされる。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集