JAXA、大気球実験で4号機B13-01放球に失敗、原因究明と対策を検討へ

宇宙 企業動向

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は6月5日早朝、2013年度第一次気球実験で4号機B13-01の放球時に誤作動が発生、実験に失敗したと発表した。

4号機B13-01の放球準備作業を進めていたが、午前4時11分頃気球(満膨張時の体積=30万立方メートル)を放球する際、気球部と搭載機器部の間の切り離しロープカッターが誤動作した。

切り離し検知機構による排気弁の開放と気球引裂き機構による気球頭部の破壊により、切り離し直後、浮力を失った気球部は、大樹航空宇宙実験場がある大樹町多目的航空公園の敷地内に着地した。気球部の一部が大樹航空宇宙実験場への送電線に懸架したが、その後、北海道電力が午前6時30分までに撤去した。

人的、物的な被害は無かった。JAXAでは今後、対策を検討するため、原因究明を行うとしている。

B13-01実験を含む第一次気球実験で予定している残り3機の大気球実験については、原因究明と対策の状況を検討した上で今後のスケジュールを判断する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集