肩の痛みでハンドル操作を誤る? バスの路外逸脱で17人が負傷

自動車 社会 社会

6月4日午前11時ごろ、鹿児島県姶良市内の市道を走行していた中型バスが路外に逸脱。道路左側の土手に乗り上げる事故が起きた。この事故でバスに乗っていた17人が軽傷。警察はバスを運転していた70歳の男性から事情を聞いている。

鹿児島県警・姶良署によると、現場は姶良市鍋倉付近で車線区別のない幅員約4mの緩やかなカーブ。中型バスは右カーブを進行中に路外へ逸脱。道路左側の土手に乗り上げるような状態で衝突した。

バスには乗客乗員あわせて24人が乗車していたが、このうち17人が座席から投げ出された際に顔面などを打撲する軽傷を負い、近くの病院へ収容されている。警察はバスを運転していた霧島市内に在住する70歳の男性から自動車運転過失傷害容疑で事情を聞いている。

聴取に対して男性は「肩が痛くてハンドル操作を誤った」などと供述しており、警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集