【三菱eK新型発売】益子社長「日本だけで販売するにはもったいない」

自動車 ニューモデル 新型車

三菱自動車の新型軽自動車『eKワゴン』発表会
  • 三菱自動車の新型軽自動車『eKワゴン』発表会
  • 三菱自動車の益子修社長
三菱自動車の益子修社長は6月6日、新型軽自動車『eKワゴン/eKカスタム』の発表会で、これから軽自動車のグローバル展開を探るために新興国で実験を行っていくそうだ。

「世界の自動車総需要は8000万台で、近々1億台になると言われています。それに対し、軽自動車の市場は日本特有なものなので200万台しかない。この市場だけにとどめておいては非常にもったいないという気持ちです」と益子社長は話す。

そこで、大きな成長が期待できる新興国で軽自動車が通用するかどうか、現地の人に見てもらい、反応を見ることにしたのだ。手始めに7月にアフリカで現地のディストリビュータを集めた会議を行う。

益子社長には勝算があるようだ。なにしろ、軽自動車は車体がコンパクトなうえ、さまざまな技術が盛り込まれている。しかも、最近の軽自動車は車内空間が登録車に引けを取らないくらいに広くなっている。新興国の人も受け入れてくれるはずというわけだ。

「日本の軽自動車、あるいはその技術を日本だけに押しとどめておく必要は全くないし、ぜひ世界に向けて展開して行く道を探っていきたい。本当に日本だけで販売するのはもったいない」と益子社長は強調する。

世界的に車のダウンサイジング化が進む中、日本の軽自動車が世界でも新たな地位を確立する時代が来るかもしれない。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集