東野交通、バスロケーションシステム「108バスどこ?」開始

自動車 テクノロジー 安全

「108バスどこ?」の画面。パソコンのほか携帯電話やスマートフォンでも利用できる。
  • 「108バスどこ?」の画面。パソコンのほか携帯電話やスマートフォンでも利用できる。
  • 「108バスどこ?」の画面。パソコンのほか携帯電話やスマートフォンでも利用できる。
東野交通(栃木県宇都宮市)は、GPSを利用したバスロケーションシステム「108バスどこ?」のサービスを6月5日から始めた。

パソコンや携帯電話、スマートフォンで専用サイトにアクセスして路線を選択すると、バスの現在位置が表示される。停留所を指定すればバス到着までのおおよその所要時間も表示される。

当面はミニバスの中心市街地南循環線と東峰町・平松本町循環線、御幸ヶ原元町経由JR岡本線の3路線5系統で試験的に実施し、検証後全線で展開する。
《平泉翔》

編集部おすすめのニュース