古谷徹&元巨人軍投手・槙原寛己 「巨人の星」でスペシャルトーク BD-BOX発売記念

モータースポーツ/エンタメ 出版物

古谷徹&槙原寛己 「巨人の星」でスペシャルトーク
  • 古谷徹&槙原寛己 「巨人の星」でスペシャルトーク
  • 古谷徹&槙原寛己 「巨人の星」でスペシャルトーク
  • (c)梶原一騎・川崎のぼる/講談社 ・TMS
  • (c)梶原一騎・川崎のぼる/講談社 ・TMS
スポーツアニメの名作『巨人の星』がこの世に誕生して、2013年で45周年を迎えた。原作・梶原一騎さん、作画・川崎のぼるさんのマンガを原作に1968年にアニメ化、以降1979年まで10年以上にわたりシリーズが制作された。
放映開始45周年を記念して、このシリーズが一挙にBD-BOX化される。すでにニューテレシネ、デジタルリマスタリングのハイクオリティな映像や幻のフィルムを収録することなどが話題を呼んでいる注目の商品だ。

6月4日には、東京・秋葉原のアキバシアターでこの『巨人の星』Special Blu-ray全5BOXのリリース発表会が開催された。その魅力の商品の詳細も披露された。
さらに当日は、星飛雄馬の声優としてお馴染みの古谷徹さん、実際に読売巨人軍でエースとして活躍した元巨人軍投手槙原寛己さんがゲストとして登場した。ふたりが『巨人の星』にちなんだスペシャルトークを披露した。

数多くの代表作を持つ古谷さんだが、実は星飛雄馬は自身にとって2作目の作品だという。演じたのは、中学3年から高校3年秋までの3年半だった。
「『巨人の星』をやったお陰で、僕は声優を目指したと言っても過言ではありません。まさに声優生活の原点になった作品です」と話すほどだ。
そしてBD-BOXについては、「今回は、HDマスターで美しい映像になりましたので、全く見ていない方はもちろんのこと、何度も見ている方にもさらに楽しめる作品になっていると思います」とアピールした。

一方、槙原さんにとっても、『巨人の星』は人生で重要な役割を果たした。「『巨人の星』は、私をプロ野球に導いてくれた作品だと思います。よくできた作品でして、友情あり、涙あり、そういうのがすごく描かれていますし、昭和の古きよき時代がすごく感じられる。その当時、野球を一生懸命やったこととかを僕は思い出しますし、皆さんもそういうのを味わいながら見られる作品で、大人になって見るとまた一段と楽しめるんじゃないかなと思いますので、ぜひ見ていただきたいですね」と語った。

Blu-ray BOXは、6月5日にキングレコードから発売となった「巨人の星 Special Blu-ray BOX-01」をスタートに6月から5カ月連続でリリースされる。
アニメン作品データや、現存する設定資料などを集めたDVD-ROM、幻のパイロットフィルム」、放送前 番組宣伝映像、さらにBGMやTV版主題歌を収録した特典CDなど資料価値の高さも特筆される。コレクションに相応しい逸品となっている。

『巨人の星』 Special Blu-ray全5BOX 特設サイト
http://www.kyojin-no-hoshi-bluray.com/

「巨人の星 Special Blu-ray BOX-01」
2013年6月5日 発売  37800円(税込)
「巨人の星 Special Blu-ray BOX-02」
2013年7月10日 発売  37800円(税込)
「巨人の星 Special Blu-ray BOX-03」
2013年8月7日 発売  33600円(税込)
「新巨人の星I Special Blu-ray BOX 」
2013年9月4日 発売 33600円(税込)
「新巨人の星II Special Blu-ray BOX」
2013年10月9日 発売  16800円(税込)
《animeanime》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集