JR東海、東海道新幹線「のぞみ」の家族向け専用車両を今夏も設定

鉄道 エンタメ・イベント
新横浜駅を通過するN700系「のぞみ」。
  • 新横浜駅を通過するN700系「のぞみ」。
  • 東京駅に入線するN700系「のぞみ」。
JR東海は5月29日、東海道新幹線「のぞみ」の「ファミリー車両」を今夏も設定すると発表した。7月20日から9月1日までの44日間、上下各1本の「のぞみ」に設定される。

「ファミリー車両」は、大人1人以上と子供1人以上を含むグループが利用できる、家族旅行向けの専用車両。子供連れでも気兼ねなく利用できる。

大きめの荷物の携行にも対応し、座席数は申し込み人数分に1席を追加。大人1人と子供1人の2人で申し込んだ場合は、2人分の代金で3席利用できる。このほか、「新幹線プラレール・シール」や子供向け弁当の割引券などのプレゼントといった特典が付く。

旅行代金は東京・品川~新大阪間が片道で大人1万3200円、子供・幼児5900円。今回は申込締切日を出発日の4日前までに延長する。5月30日14時からジェイアール東海ツアーズの主な支店などで発売する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース