ジープ ラングラー、現行JK型が累計生産100万台

自動車 ビジネス 企業動向
ジープ ラングラーの現行JK型が累計生産100万台を達成
  • ジープ ラングラーの現行JK型が累計生産100万台を達成
米国の自動車大手、クライスラーグループのジープブランドは5月17日、「JK」型と呼ばれる現行『ラングラー』の累計生産台数が、100万台に到達したと発表した。

現行のJK型は、ラングラーの3世代目モデルとして、2007年にデビュー。2ドアと4ドアの「アンリミテッド」の2種類が用意される。

累計生産100万台目となる現行ラングラーは5月17日、米国オハイオ州のクライスラーグループ・トレド組み立て工場でラインオフ。生産開始から、およそ6年での累計生産100万台達成となった。

記念すべき100万台目のラングラーは、「ルビコン10thアニバーサリーエディション」。米国フロリダ州の顧客に向けてラインオフし、工場の従業員が100万台の出荷を祝福。

クライスラーグループのマウロ・ピーノ生産担当副社長は、「世界中で販売されたジープラングラーは、全てトレド工場製。80年前に稼働して以来、トレド工場の従業員は誇りと情熱を持ち、クオリティを重視して、生産にあたってきた。次の100万台にも期待したい」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース