【東京モーターサイクルショー13】アディバジャパン、ニューコンセプト3輪スクーター AD treを発表

自動車 ビジネス 企業動向
東京モーターサイクルショー
  • 東京モーターサイクルショー
  • 東京モーターサイクルショー
  • 東京モーターサイクルショー
  • 東京モーターサイクルショー
  • 東京モーターサイクルショー
  • 東京モーターサイクルショー
  • 東京モーターサイクルショー
  • 東京モーターサイクルショー
福田モーター商会は、3月22日~24日に行われた第40回東京モーターサイクルショーで、前衛的なスリーター『AD tre』を発表、出展した。

国際特許を取得した開閉式ルーフを装備するスクーター『ADシリーズ』は、優れたウェザープロテクション性能と大容量のトランクが特徴。今回のAD treは同様の機能はそのままに、前輪を2つのホイールとした。これによって快適性と安全性が一層増している。担当者は「安定性があるのでシティーコミューターとして使ってほしい」と言う。水冷4ストローク単気筒205.3ccで最高出力は15.7kw(20.7ps)。今年上半期発売予定。

また同ブースでは、全天候型対応可能&大積載の電動3輪デリバリースクーター『CARGO3』も展示。アディバ独自の傾斜システムが、4輪車並に優れた積載機能と2輪車のような高い機動性を両立させたという。
《嶽宮 三郎》

編集部おすすめのニュース

特集