にいほエージェンシー、バイク・原付廃車が無料の『バイクポイ』サービスを開始

自動車 ニューモデル 新型車
都内の二輪車置き場(イメージ)
  • 都内の二輪車置き場(イメージ)
にいほエージェンシー(東京都足立区)は、一般家庭における不要なバイク、不動・事故車オートバイ・原付などの廃車を無料で引き取るバイク廃車サービス「バイクポイ」を、2月28日より提供を開始する。

従来のバイク廃車サービスでは、オートバイ本体などを店舗へ持ち込み、ナンバー廃車などの書類上の手続きをユーザー自身で処理するという流れだったが、この「バイクポイ」では、バイク・原付スクーターなどの場合、ユーザーのバイクの保管場所・事故現場までスタッフが訪問して車体を引き取る。また、125cc以上のバイクについては、書類の廃車手続きも無料で一括代行できるサービスを実施する。

取引の流れは、電話・メールで受付→バイクの保管場所にスタッフが訪問→ナンバー廃車手続き代行となる。

ユーザーの『至急』に応えるため、スマートフォンサイトもオープン。PC環境がない故障現場や出先からの簡単な電話・オンラインでの問い合わせが可能となった。

こうしたサービスが登場した背景を、同社は「現在、オートバイ市場では、不法投棄や放置バイクの問題が問われておりますが、その背景には、一般家庭やアパート管理人様、その他の施設など、このような不要なオートバイをどうのように処理すれば良いのか? という情報不足の現状があります。当社では、バイクの引き取りサービスを通じて、蓄積されたノウハウをもとに不法投棄や放置バイクが事前になくなるよう、バイクや原付廃車の引き取りが無料で可能となる「バイクポイ」を提供することに至りました」としている。
《大野雅人》

おすすめのニュース