スカイマーク4-12月期決算、LCCとの運賃競争激化で大幅減益

航空 企業動向

スカイマークが発表した2012年4-12月期(第3四半期累計)連結決算は、営業利益が前年同期比47.9%減の62億8700万円と大幅減益となった。

第1四半期にボーイング737-800型機を1機追加し、第3四半期累計期間は合計27機で運航した。また、第3四半期期間中、成田~札幌(新千歳)線の増便、年末年始期間の羽田~鹿児島線の臨時便運航で経営資源を有効活用する一方で、季節需要に柔軟に対応するため、茨城~那覇線直行便を神戸経由便に変更、成田~神戸線は休止し、収支の効率化を図ってきた。

旅客運送事業は、増便による旅客人数が同11.6%増となり、売上高は同12.1%増の657億5800万円と増収だった。

収益では、運航便数の増加に伴う燃料関連費や整備費、機材費の増加や、新規LCC(格安航空会社)の参入で運賃の低廉化などの影響で収益率が悪化した。経常利益は同30.6%減の77億3800万円となった。当期純利益は同25.8%減の41億0700万円だった。

通期業績見通しは、LCCなどとの運賃競争激化や燃料価格の上昇などを想定して下方修正した。売上高は前回予想より55億円マイナスの857億円、営業利益が64億円マイナスの49億円、経常利益が44億円マイナスの64億円、当期純利益が24億円マイナスの35億円にそれぞれ下方修正した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集