NEDO和坂理事「洋上風力発電では日本がリードできる」

自動車 ビジネス 企業動向

NEDOの和坂貞雄理事
  • NEDOの和坂貞雄理事
  • 三菱重工、油圧ドライブトレインを採用した大型風力発電設備
  • 洋上風力発電設備のイメージ
NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の和坂貞雄理事は1月24日の洋上風力発電に関する説明会で、「この分野では日本がリードできる余地が大きい」と力強い口調で述べた。

風力発電は陸上と洋上で行われているものがあり、陸上については現在、世界中ですでに233GW(ギガワット)の電力がつくられている。これは、原子力発電233基分に相当する。その多くが欧米で、日本はわずか2.5GW。全体の約100分の1という状況だ。

陸上風力発電の技術やノウハウは欧米のほうが上。ベスタス社(デンマーク)とGE社(米国)の2社で25%以上のシェアを誇っている。日本でトップの三菱重工業でさえ、2%という状況である。日本勢がこの分野で活路を見いだしていくのは困難といえる。

しかし、洋上風力発電となると、話が変わる。現在、世界的にはまだ原発4基分の4GWしか稼働していなく、勝負はこれから。技術的にも、洋上のほうが陸上よりも格段に難しいという。そのため、参入しない企業もある。

「われわれは7MW(メガワット)という世界最大のものを開発し、すでに製作して試運転もしている。洋上の場合は、日本に大きなポテンシャルがあると思う」と和坂理事。陸上では欧米勢の後塵を拝してきたが、洋上では日本の技術力を結集して、高いシェアを獲得していく考えだ。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集