ピーチ、仙台に進出、国際線は釜山線も開設

航空 企業動向

ピーチ・アビエーションは、2013年4月から仙台線を就航させると発表した。LCC(格安航空会社)が仙台に進出するのは初めて。

同社は3月31日~10月26日までの国内線サマーダイヤを決定して国土交通省に申請した。

国内線では新たに4月12日から大阪(関西)~仙台線、6月14日から大阪(関西)~新石垣線、9月13日から沖縄(那覇)~新石垣線を開設する。

国際線は9月から大阪(関西)~韓国・釜山線を開設する。

サマーダイヤ期間中に国内線8路線、国際線4路線に拡充される。使用する機材も現在の6機体制から今夏までに10機体制、2015年には17機体制に増やす予定。

同社の井上慎一CEOは「東北地方初のピーチ就航地として仙台、そして韓国第2の都市である釜山の路線が加わることになった。新路線でも潜在需要を掘り起こし、各地域の魅力を感じてもらいたい」と述べた。

また、同社では1月21日から大阪(関西)~沖縄(那覇)線を1往復増便して1日3往復・6便での運航を開始した。要望が多かった朝時間帯のフライトを加え、関西と沖縄間の利便性向上を図る。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集