コマツ、オフロード法新基準に適合した小型ブルドーザーを発売

自動車 ビジネス 企業動向

コマツ・D37PX-23
  • コマツ・D37PX-23
  • コマツ(Webサイト)
コマツは、オフロード法2011年基準に適合した小型ブルドーザー『D37EX/PX-23』『D39EX/PX-23』を発売した。

新発売の4機種は、NOx(窒素酸化物)とPM(粒子状物質)の排出量を大幅に低減し、日本(特定特殊自動車排出ガス2011年基準)・北米(EPA Tier4 Interim)・欧州(EU Stage 3B)の排出ガス規制をクリアした新世代エンジンを新たに搭載。さらに従来型ですでに採用している電子制御HSTを稼働状況に合わせて最適に制御することで、生産性と燃費性能の両方で高いレベルを達成し、燃料消費量を従来機に比べ10%低減した。

また、運転席には高精細7インチLCDモニタを新たに採用。安全かつ正確でスムーズな作業を実現するとともに、エコガイダンス等の表示により省エネ運転のサポートも行う。

さらに、新車購入時に自動的に付帯される、国内で初めてパワーラインの保証延長と無償メンテナンスを取り入れた、新たなサービスプログラム「コマツ・ケア」の提供により、トータルライフサイクルコストの低減と長時間稼働に貢献する。

価格はD37EX-23が1230万円、D37PX-23が1340万円、D39EX-23が1570万円、D39PX-23が1640万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集