オリックスとデザインワン・ジャパン、スマートフォンを利用したスタンプラリーを実施

自動車 ビジネス 企業動向

画面イメージ
  • 画面イメージ
  • 画面イメージ
オリックス自動車とデザインワン・ジャパンは、1月18日から2月28日までの期間、オリックスのレンタカーならびにカーシェアリング会員を対象に、スマートフォンを使ったスタンプラリーサービス「スマスタ」を利用した「スマホでBINGOスタンプラリー」を実施する。

スマスタは、2012年7月にスタートした、スマートフォンのGPS機能を利用して、あらかじめ登録された近隣スポットのスタンプを獲得できるサービス。レンタカーならびにカーシェアリングでは初めての導入となる。

同サービスは、取得したスタンプ数に応じて商品がもらえる従来のサービスに加え、BINGO方式でスタンプを2列揃えた場合もプレゼント対象となる新機能を追加した。

利用方法は、スマートフォンにスマスタアプリをダウンロードし、好みのコースを選択後、スタンプラリーの対象スポットを訪れたらアプリを起動してスタンプを押すというもの。

今回、東京都内の歴史やパワースポットを巡るコースと、箱根から房総エリアにかけての観光地を巡る2つのコースを用意。スタンプをコンプリートすると、オリックスのレンタカーチケット2000円分がもれなくプレゼントされるほか、BINGOが2列揃った場合、先着300名にオリジナルタンブラーがプレゼントされる。
《村尾純司@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集