DRBハイコム、各部門の成長計画を発表 ペカン自動車工場の生産能力を拡大

自動車 ビジネス 企業動向

DRBハイコム、各部門の成長計画を発表 ペカン自動車工場の生産能力を拡大
  • DRBハイコム、各部門の成長計画を発表 ペカン自動車工場の生産能力を拡大
DRBハイコムは15日、自動車部門、不動産部門などの事業の成長に向けた今後36カ月間の事業計画を発表した。

自動車部門では、パハン州ペカンのホンダ組立工場に3億5,000万リンギを投資して生産能力を拡大する。年産能力を10万台に増やす。ホンダはマレーシア国内でハイブリッド車の生産を行う初の非国産車メーカーとなる見込みだ。DRBハイコムは世界的な自動車メーカーと戦略的提携関係を組み、アフターサービスやサービス・パーツ販売事業などの合理化を進める。

DRBハイコムのフォルクスワーゲンの域内向け組立工場では、2014年までに東南アジア諸国連合(ASEAN)市場向けに輸出する自動車の生産を行うことを計画している。

プロトン販売のプロトン・エダルとEONの全国の支店の事業効率を4億リンギをかけて向上させる。不動産部門では、国内で向こう5年に渡り110億リンギ規模の開発プロジェクトを計画している。プロジェクトには、ジャラン・トゥン・ラザクの開発(9億リンギ)、「イスカンダル・マレーシア」内のグレンマリー・ハイツ開発(80億リンギ)、グレンマリー・ガーデンズ開発(3億9,500万リンギ)、ラマン・グレンマリー(3億5,200万リンギ)、グレンマリー・プチョン(4億8,300万リンギ)、プロトン・シティー開発などがある。
千田真理子

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品