隕石の軌道をインパクトによって変えるAIDAミッション 欧州宇宙機関

宇宙 企業動向

ESA(欧州宇宙機関)は、アステロイド・インパクト・アンド・デフレクション・ミッション(AIDA)に繋がる未来の研究についての概要を公開した。

概要には、二連小惑星を妨害する2機の小さな宇宙船を送り出すジョイント・オペレーションを盛り込んでいる。

アメリカ合衆国のジョンズ・ホプキンス・アプライド物理学研究所によってデザインされた最初のダブル・アステロイド・リダイレクション・テスト(DART)宇宙船が、2つの内の小さい方の小惑星に衝突する予定。そしてその間に、ESAのアステロイド・インパクト・モニター(AIM)宇宙船が、衝突前と後に小惑星のディーテールを測定することになっている。

衝撃はオブジェクトが互いに回転し合うペースを変え、地球上からも観察が可能となる。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集