【株価】トヨタが5日ぶり反落…投資判断格上げも円高でブレーキ

自動車 ビジネス 株価

トヨタの米国主力車、新型カムリ
  • トヨタの米国主力車、新型カムリ
  • 東京オートサロン2013トヨタブース
全体相場は5日ぶりに反落。

外為市場で一時1ドル=88円を割り込む水準まで円相場が反発。輸出関連株を中心に利益確定売りが加速し、引けにかけて下げ幅を拡大した。

平均株価は前日比278円64銭安の1万600円44銭と大幅反落。

自動車株は円高を嫌気し全面安。

トヨタ自動車が110円安の4155円と5日ぶりに反落。大手外資系証券が投資判断を格上げしたが、円高の影響で急ブレーキを余儀なくされた格好。

ホンダが100円安の3280円と売られ、日産自動車が17円安の866円と反落した。

マツダが8円安の201円、スズキが63円安の2354円と反落。
《山口邦夫》

編集部おすすめのニュース

特集