情報発信基地、メルセデス・ベンツ コネクションがリニューアルオープン…1月18日

自動車 ビジネス 国内マーケット

メルセデス・ベンツ コネクション
  • メルセデス・ベンツ コネクション
  • メルセデス・ベンツ コネクション
メルセデス・ベンツ日本は1月18日、東京・六本木に、ブランド情報発信拠点「メルセデス・ベンツ コネクション」を移転・新装オープンする。

メルセデス・ベンツ コネクションは2011年7月、メルセデス・ベンツブランドとして世界で初めて展開する、カフェやレストランラウンジを中心とした新しいコンセプトの施設として期間限定で開設。オープン以来延べ90万人以上が来店した。メルセデスをより身近に感じてもらう場としての役割と将来性を鑑み、同社は、継続・発展を決定した。

新しいメルセデス・ベンツ コネクション1階は、中央を「ランウェイ(道)」が貫き、メルセデス・ベンツの最新モデルを展示。試乗体験の受付「トライアルステーション」、早朝からオープンする無線LAN完備のカフェ「DOWNSTAIRS COFFEE」、オリジナルグッズや雑貨の販売を行う「コレクションショップ」などを配置した。

2階では、レストラン「UPSTAIRS」がミシュラン2つ星シェフ、飯塚隆太氏を監修に迎え、フレンチをリーズナブルに楽しめるカジュアルダイニングに生まれ変わる。オープンキッチンが醸し出すライブ感の中でアラカルトのほか、クルマにちなんだ名を冠した2990円からのディナーコース、メルセデス・ベンツによる送迎付き特別ディナーコースも新たに用意した。このほか、深夜まで軽食を注文できるバーゾーン、ドイツ以外では世界初の「AMGプライベートラウンジ」を設置した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集