ユピテル、4センサー搭載のフルマップレーダースコープ GPS&レーダー探知機を発売

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

ユピテルは、フルマップレーダースコープ GPS&レーダー探知機「GWR81sd」を発売した。

新製品は、業界最多となる4センサーを搭載。従来のジャイロおよびG(加速度)センサーに気圧、照度センサーを追加。気圧センサーによって自車の高低差を計測し、一般道と高速道路の識別精度を向上させるとともに、照度センサーによって急な車内の明るさの変化を自動で対応。常に見やすいディスプレイ輝度を保つことができる。

また、警告音声はガールボイス4モード&メンズボイス1モードの5種類から選択可能。さらに、それぞれ「ノーマル」「アシスタント」「アドバイス」の3段階が選べる。

さらに、別売オプション「OBD12-M」をOBDIIに接続することで、より正確な速度・移動距離を検知できるようになり、エンジン状態・燃費などの車両情報が表示することができる。

参考市場価格は3万2800円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集