スカイマーク年末年始輸送実績、利用率が10.1ポイントダウンの73%に

航空 企業動向

スカイマークは、2012年12月21日~2013年1月6日までの年末年始期間中の輸送実績を発表した。

搭乗者数は前年同期比2.3%増の32万9390人となった。提供座席数は同16.4%増の45万0996席と大幅に増やしたものの、搭乗者数が伸びなかった。

このため、利用率は10.1ポイントダウンの73.0%だった。

搭乗日別輸送ピークでは下りが12月29日に利用率が96.6%となった。上りは1月5日に97.0%となった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集