ボーイングの2012年第4四半期納入実績、民間航空機が29%増

航空 企業動向

ボーイングは、2012年度第4四半期(10-12月期)の民間航空機部門と防衛・宇宙・安全保障部門の納入実績を発表した。

民間航空機部門の納入実績は前年同期比29%増の165機となった。機体別では、次世代737が105機、747が10機、767が6機、777が21機、787が23機となった。

2012年通年の納入実績は601機だった。うち、次世代737が415機、747が31機、767が26機、777が83機、787が46機だった。

防衛・宇宙・安全保障部門の第4四半期の納入実績は早期警戒管制機(AEW&C)が1機、アパッチの新造が6機、チヌークの新造が11機、C-17が2機、F/A-18E/FとEA-18Gが12機、P-8が2機、政府・民間合計の衛星が1機だった。

通年ではAEW&Cが3機、アパッチが19機、チヌークが51機、C-17が10機、F-15が8機、F/A-18E/FとEA-18Gが48機、P-8が5機、衛星が10機だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集