NASAがアステロイドのレーダーイメージを公開[動画]

宇宙 エンタメ・イベント

トータティス
  • トータティス
  • NASA webサイト
カリフォルニア州、パサデナに所在するNASAのジェット推進研究所が、ゴールドストーンのソーラー・システム・レーダーを使って、12月12日と13日の両日に渡って記録した小惑星「トータティス」のイメージをアニメーション化した動画を公開した。

この映像の中のアステロイドのローテーションは、実際より速く見えるように処理されている。

最初のレーダーの連続映像は、12月12日にアステロイドが地球から430万マイル(690万キロメートル)にある時点で撮影された。

それに続く2番目のレーダーの連続映像は、12月13日にアステロイドが地球から440万マイル(700万キロメートル)にある時点で撮影された。

この小惑星トータティスは太陽系圏内で、火星軌道と木星軌道の間を通り、地球軌道の内側にかけて楕円軌道を描きながら公転し、その公転周期が地球のほぼ4倍であるため、定期的に地球に接近する。

《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集