カッシーニ探査機、土星に落とされた衛星影の画像を撮影

宇宙 科学

輪の下に衛星の影が見える
  • 輪の下に衛星の影が見える
  • 画像左上に見えるのが衛星ヤヌス
  • カッシーニが撮影した土星の姿
  • カッシーニが撮影した土星の姿
  • NASA webサイト
  • カッシーニが撮影した土星の姿
NASAは、土星に映り込んだ衛星の影の画像を公表した。これは土星探査機「カッシーニ」が撮影したもので、土星の第1衛星である「ミマス」の影とされる。

撮影視点は土星の輪が照らされていない側から輪の平面の下およそ25度の角度からによるもので、カッシーニの広角光学カメラにより撮影された。

撮影距離は土星から約160万マイル(260万km)、太陽と土星と宇宙船が80度の角度を成す位置で取得されている。また同時に第10衛星の「ヤヌス」の姿を確認できる画像も公開した。

カッシーニ探査機は、1997年に打ち上げられた惑星探査機で、アメリカ航空宇宙局(NASA)と欧州宇宙機関(ESA)による共同開発。2004年に土星の衛生軌道上へ投入され観測を続けている。探査活動は2017年まで続けられる予定だ。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集