NASA、超音速風洞実験室を公開

宇宙 テクノロジー

SWT
  • SWT
  • NASA 10×10超音速風洞実験室
  • NASA 10×10超音速風洞実験室
  • NASA 10×10超音速風洞実験室
  • NASA 10×10超音速風洞実験室
  • NASA 10×10超音速風洞実験室
NASAはフレンドシップツアーの一環として、NASAグレン研究センター(クリーブランド)の10×10超音速風洞実験室に参加者を招待し公開した。

ツアーでは、流体力学のテストエンジニア、クリスティーナ・パストール・バーシが、SWTがキュリオシティの着陸に使用されたパラシュートシステムの初期モデルのテストを説明。ツアーの参加者はまた、これがグレンで最も大きな風洞実験室であることと、超音速空気力学と実物大のジェットエンジンとロケットエンジンを含む動力の推進力構成要素をテストすることを目的として、特別に設計されていることを学んだ。

この風洞実験室のテストセクションは、マッハ2~3.5のスピードに達することが可能である。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集