シンガポール・チャンギ空港の離発着回数、4割増へ

エマージング・マーケット 東南アジア

【シンガポール】シンガポール民間航空庁(CAAS)は18日、チャンギ国際空港での航空機の離発着回数を2018年までに現在より4割増の年間43万回まで増やすため、航空管制や滑走路利用の効率化などを進める方針を明らかにした。

 昨年の離発着回数は32万2000回で、今年は1―11月で29万5000回となっている。
《編集部》

編集部おすすめのニュース