VW、米スーパーボウルでCMオンエア…4年連続

自動車 ビジネス 企業動向

2011年のVWのスーパーボウルCM(動画キャプチャ)
  • 2011年のVWのスーパーボウルCM(動画キャプチャ)
フォルクスワーゲンの米国法人、フォルクスワーゲンオブアメリカは12月18日、米国で2013年2月に開催されるNFL(ナショナルフットボールリーグ)の優勝決定戦、「スーパーボウル」において、CMをオンエアすると発表した。

スーパーボウルは、米国で最も高い視聴率を誇ると言われる。したがって、スポンサー料も世界最高レベルとなるが、自動車メーカー各社が、こぞってCMを放映。フォルクスワーゲンにとっては、今回が4年連続でのスーパーボウル協賛となる。

現時点では、2013年のスーパーボウルのCMの内容は公表されていない。2011年は『パサート』、2012年は『ザ・ビートル』をアピールするCMだった。映画『スター・ウォーズ』シリーズに登場するダース・ベイダーに扮した子ども、「ミニ・ベイダー卿」のコミカルな演技が、2年連続で話題を呼んだ。

フォルクスワーゲンオブアメリカのティム・マホニー氏は、「この最も高い視聴率を誇るコンテンツで、我々の伝説的物語を披露できることに興奮している」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集