在マレーシア日系企業の62.4%、今年黒字を見込む…問題トップは「賃金上昇」 ジェトロ

エマージング・マーケット 東南アジア

【クアラルンプール】 日本貿易振興機構(ジェトロ)は12月18日、「在アジア・オセアニア日系企業活動実態調査」の2012年度調査版を発表。

営業利益の見通しについてマレーシアでは62.4%の日系企業が「黒字」を見込んでいることがわかった。

マレーシアの日系企業の22.3%が「均等」、15.3%が「赤字」となると回答した。国別で最も「黒字」を見込んでいると回答したのはパキスタンで89.3%だった。これに台湾(79.7%)、韓国(75.0%)が続いた。全体の平均は63.9%だった。

マレーシアの日系企業は、今後1-2年の事業展開について48.1%が「拡大」と回答。44.9%が「現状維持」、5.8%が「縮小」、1.2%が「第3国(地域)へ移転・撤退」すると答えた。国別で「拡大」を計画しているとの回答が多かったのはラオスで、インド、バングラデシュが続いた。

従業員の増減については、マレーシアの日系企業の51.5%が現地従業員数について「横ばい」となると回答した。31.6%が「増加」、16.9%が「減少」と答えた。日本人駐在員に関しては78.4%が「横ばい」と回答。13.3%が「減少」、8.3%が「増加」と答えた。
広瀬やよい

編集部おすすめのニュース

特集