三井住友銀行、マレーシアで環境評価融資の取扱い開始

エマージング・マーケット 東南アジア

【クアラルンプール】 三井住友銀行は17日、マレーシアにおける企業の環境配慮活動を支援する「SMBC環境配慮評価融資〜マレーシア版」の取扱いを開始した。

日本にて2008年より取扱いを行っている「SMBC環境配慮評価融資」の仕組を活用し、マレーシアにおける企業の環境配慮状況評価し、評価結果に応じた融資条件の設定を行うとともに、さらなる環境経営促進のためにアセスメントリポートを提供する。第1号案件はイオンクレジットサービス・マレーシアとなり、融資枠の設定を行った。

三井住友銀行では、「SMBC環境配慮評価融資〜マレーシア版」を通じて、マレーシアにおける企業の環境経営を支援するとともに、グローバルな企業の環境経営を促進していく方針だ。
広瀬やよい

編集部おすすめのニュース

特集