共栄タンカー、子会社保有の石油製品船「チャンピオン・プライド」を売却

船舶 企業動向

共栄タンカーは、連結子会社が保有するパナマ籍石油製品船を売却すると発表した。

子会社のオーシャン・リンク・マリタイムが20%保有する石油製品船「チャンピオン・プライド」(1998年建造、載貨重量トン=9万9997トン)を用船契約終了と船が老朽化しているため。海外の第三者法人に売却する。

オーシャンの持分による売却価格は約1億7200万円で、譲渡益は約1億1400万円。2013年1月上旬から3月上旬にかけて引き渡す予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース