ソーラーフロンティアなど、長崎県初のメガソーラーが稼働開始

自動車 ビジネス 企業動向

SOL de 平戸 下中野
  • SOL de 平戸 下中野
  • ソーラーフロンティア(webサイト)
チョープロが発電事業者となり、ソーラーフロンティアがモジュールの供給等を提供した大規模太陽光発電所(メガソーラー)「SOL de 平戸 下中野」が竣工した。

SOL de 平戸 下中野は、12月から九州電力に売電を開始し、長崎県で売電を開始する最初のメガソーラーとなる。

同発電所は、今年7月から建設を進めており、平戸市が所有する工業団地の一部、約1万3000平方メートルに、ソーラーフロンティア製のCIS薄膜太陽電池モジュール7380枚を設置。最大出力は約1MWで、年間発電量は一般家庭250世帯分の約100万kWhを見込んでいる。

チョープロは液化石油ガス(LPG)販売会社で、今回の「SOL de 平戸 下中野」は同社にとって初のメガソーラー事業となる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集