国際航業、超小型衛星「ほどよし1号機」のシャッター権を取得

宇宙 企業動向

ほどよし1号機
  • ほどよし1号機
国際航業は、アクセルスペースが実施した超小型衛星「ほどよし1号機」の地球撮影実験公募による特定実験事業者に採択されたと発表した。

衛星がどのタイミングでどの地点の写真を撮るかのシャッター権を企画し、将来のビジネスに結び付く魅力的な実験計画を提案する。今後、打ち上げが終わり次第、衛星のシャッター権を利用して、地球の事象に対する撮影を依頼する。

国際航業は、リモートセンシングとコンサルティング分野で培った技術とノウハウを活用し、ほどよし1号機で得られる画像の農林水産業や環境分野、地震、台風災害などの大規模災害への適用を検討する。

また、超小型衛星の低コスト・独自運用可能性の優位性を活用した、これまでに無い衛星リモートセンシングのビジネスモデルを検討する。観測データやビジネスモデルが、アジアを始めとする世界各国でも利用できるような仕組みも検討する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース