地方にソーラーライトを…カンボジア

エマージング・マーケット 東南アジア

カンボジア プノンペンの街並み(イメージ)
  • カンボジア プノンペンの街並み(イメージ)
  • カンボジア プノンペンの街並み(イメージ)
長期的な電力需給の逼迫に対応するため、カンボジアはエネルギー会社Totalのソーラーライトを採用した。

今回採用されたTotal社の「Awango」は小型のソーラーパネルを備えたライトで、据え置き型・吊るし型などの様々なバリエーションがある。

今回のプロジェクトは、Total社のCSR(企業の社会的責任)の一環としてスタートした。初年度は1万から1万5000のライトが、送電線などのエネルギー供給手段のない地方に届けられる。

国は2020年までに全土の60%に送電網を配備を計画しており、実現には1000億ドルが必要とされている。今回のソーラーライトの導入は、送電網を整備するまでのステップとなる。

編集部おすすめのニュース