カンボジアの2012年税収、6.83億ドル

エマージング・マーケット 東南アジア

カンボジア プノンペンの街並み
  • カンボジア プノンペンの街並み
  • カンボジア プノンペンの街並み
先週発表された税務総局の統計によると、カンボジアの今年11月までの税収は昨年よりも増加し、6. 83億ドルに上ったことがわかった。

カンボジア開発学研究所のKang Chandararot所長は、徴税の改善と経済の好調が今回の税収増につながっているとしつつ「国内の税収増は、諸外国への債務の返済と援助の削減をするためのベースとなる。今後さらなる税の多様化が必要となる」と述べた。

野党側は今回の統計について、汚職を差し引いた本当の数字からはほど遠いとしている。サムランシー党のスポークスマンYim Sovann氏は「カンボジアの税収はGDPの12%程度。タイなどの近隣国と比べてかなり低くなっている。汚職によって年間5億ドルから10億ドルが失われている。また、カンボジア全土の50のカジノや、アンコールワットのチケット代などの経済的土地コンセッションから完全な徴収ができていない。税収強化のシステムが必要だ」と述べている。

先週、政府は昨年の27億ドルの予算から13%アップした30億ドルの国家予算の増加を承認した。フン・セン首相は、歳入も増加しているため予算増に問題はないとしている。

2013年国家予算によると、カンボジアは現在36億円の対外債務を抱えている。

編集部おすすめのニュース