ピーチ、2013年下期から2年間、エアバスA320-200を7機導入

航空 企業動向

エアバス A320/321シリーズ
  • エアバス A320/321シリーズ
  • エアバス A320/321シリーズ
  • エアバス A320/321シリーズ
  • エアバス A320/321シリーズ
  • エアバス A320/321シリーズ
ピーチ・アビエーションは、2013年下期から2015年下期にかけてエアバスの「A320-200」の新造機7機をオペレーティングリースで導入すると発表した。

ピーチは現在、6機のA320-200型機で運航しており、2013年夏までに合計10機をオペレーティングリースで導入する計画を発表している。旅客数が順調に推移しているため、2013年後半から2015年末までに、更に航空機を増やすことを決めた。

今回ピーチが導入を決めたA320-200型機は、装備座席数が180席で、エンジンはCFM56-5B型にする。

また、2016年以降の航空機調達は、2013年初頭から開始する予定。事業拡大・路線展開に合わせてエアバスの最新型機「A320neo」を含む航空機の導入を拡大していく。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集